おねしょにお悩みのママさんへ

トイレの訓練が終了して、起きている間はオムツを使用しなくても過ごせますが、就寝中におねしょをしてしまう子供も多数いるようですが、昼間にするおもらしと寝ているときにしてしまうおねしょは違うものであると理解したほうが良いです。
昼間にしてしまうおもらしは、トイレに行く訓練を行うことで少しずつ改善し、オムツが外せるようになるわけですが、夜間のおねしょについては、トイレトレーニングをしたからといってなくなるものではありません。
幼い子どもが睡眠中におねしょをしてしまうのは、膀胱がそれほど大きくないことと夜間の抗利尿ホルモンの量が十分分泌されていないことが理由のようで、肉体的な機能が十分でないためです。
トイレに行く練習を行う際には、少しずつオムツの使用時間を減らしていきますが、睡眠中のおねしょなら、子どもの身体が発育していくことによっておねしょの悩みから解放されるケースが多々あるため、気長に治るのを待つのが良いのです。
そして、就寝中のみオムツを使うという子どもも少なくありませんが、現在では、おねしょする子ども用に作られたオムツやトイレの練習用にできたオムツが発売されているので、そのような商品を使うと便利です。
その後、オムツが濡れなくなったようであれば、次にトイレトレーニングに適したパンツを使い、防水シーツなどを敷いて、おねしょを減らす訓練をしましょう。
ここで気をつけたいのが、抗利尿ホルモンが出る量を増やすために夜間には起こしたりせず、決まった時間に起き、一定の時間に寝るという生活を身につけさせることです。
そのほか、叱らずに焦らず見守ることで、ホルモンの分泌も多くなったり膀胱も成長しますので、徐々に夜間のオムツもいらなくなっていくでしょう。

病気の可能性もあるおねしょ

おねしょにはいろいろなパターンがあり、一過性のものと思われがちですが、病気が隠れていることもあり、夜尿症や前立腺異常といった病気の可能性があります。
夜尿症という病気は、一般的なおねしょ独自の病気です。
小さい子どものおねしょの場合、体のつくりが不十分であるという生理的な理由で起きるため深刻に考えることはありません。
しかし、小学生そして成人になってもおねしょをする場合は、夜尿症と診断される確率が高いでしょう。
夜尿症として知られているものは、寝ている間によくおねしょをする症状が見られます。
尿の分泌を抑える抗利尿ホルモンは、基本的に夜が来ると多くなります。
ですがこの疾患にかかると、夜間のホルモンの量が日中のそれと大差がないために、おねしょすることになります。
夜尿症の治療については、程度ごとに方法が変わりますが、たびたびおねしょをすることがあって、幼い子どもでなければ、医師の診察を受けるようにし、薬を飲むなどして治療をしていきます。
反対に、それほどおねしょをすることはないという人は、ストレスの軽減や就寝時に体を冷やさないように心がけたり、過度に水分を取り入れないようにするなど、生活で改善できることを行ってみましょう。
さらに、大人の男性ならば、前立腺の病気に伴いおねしょが起こることもありますので、このパターンの人も専門の病院で治療を施してもらわなければなりません。
夜尿症もしくは前立腺の病気を患っている人は、泌尿器科で診察してもらうのが望ましいのですが、こうした病気を診断できる医師は数が少なめであるようです。
それで、専門の医師であるかを先に調べておき、信用できる病院を探し相談するのが良いでしょう。

TOPへ